"遊戯王カード 初期"の記事一覧

遊戯王カード 初期 ノーマル

遊戯王カード 初期のノーマルカードはどれくらいの値段がつくのでしょうか。

そのほとんどは、1円未満です。

ですが、ものによっては100円以上の根のつくものもあります。

クリボー
カードを狩る死神
ベビードラゴン
ドリアード
サターナ
ザリガン
スピック
聖なる鎖
太古の壺
月の女神エルザェム
とろける赤き影
ホーリー・パワー

などなど。これらはけっこういい値段がつけられます。

遊戯王カード 初期 レア

遊戯王カードの初期カードのレアカードはどれくらいの価格がつくものなんでしょうか。

青眼の白龍
ブラック・マジシャン
真紅眼の黒竜
デーモンの召喚
暗黒騎士ガイア
など。

これらの人気カードの中でもより古い型番で、よりレアリティの高いものは高値がついています。

遊戯王カード 初期 一覧

初期の遊戯王カードを一覧にすると、どのくらいの量になるのでしょうか。

レアカードを含めたら数えきれない種類があります。

初期で既にそのような状態だったわけです。

今はもう、とんでもない量になっているでしょうね。

遊戯王カード 初期 見分け方

まず、遊戯王カードの初期カードにはカードナンバーが記載されていません。

カードナンバーが記載されるようになったのは、2期以降です。

また、カードの右下に銀色のコピー防止シールがあるものは最近のカードです。

初期のカードにはコピー防止シールがありません。

ほかにも、テキスト部分のデザインは初期と現在は違いがあるので見分けがつきやすいと思います。
【遊戯王 買取】宅配買取のトレトク